保育士の学校選びや資格取得のメリット|資格ナビ

教諭になる方法

学生

子供が大好きな人に向いている仕事は幼稚園教諭です。大学や短大に通うことで、幼稚園教諭免許を取得することができますが、学校によって取得できる免許は異なるので注意したほうが良いです。

もっと知ろう

資格の取得方法

子供と男女

保育士になる方法は、大別して2つに分けることができます。1つ目は年に1回実施される試験を受けて合格する、2つ目は大学や短大などの資格が取得できる養成学校に通って卒業する、という2つの方法です。すぐに資格を取得したいという人に向いているのが専門学校です。2年間学校に通うことで、卒業と同時に資格を取得することができます。また、幼稚園教諭免許や小学校教諭免許など、他の資格を取得できることもあります。ただ、短期間で資格取得ができる反面、知識や技術を詰め込む必要があるのでとても忙しくなります。保育士の専門学校を選ぶときのポイントは、実習が多いかどうかです。座学で集中して保育知識を学ぶことも重要ですが、現場で活躍するためには実習での体験が重要になります。実習が多い学校で学ぶことによって、講義だけではわからない知識や情報を得ることができますし、貴重な体験をすることができます。

安い学費で資格を取得したいという場合は、通信教育が良いでしょう。通信教育は大学や短大などのように通学する必要がないので、空いている時間を活用して学ぶことができます。働きながら学びたいという社会人や、大学に通うための学費や時間がないという方に向いています。ただ、実技や実習科目ではスクーリングが必要になるので、そのような時間は取れるようにしておく必要があります。保育士のアルバイトとして働くこともできますが、アルバイトではできない仕事がありますし、担任を持つこともできません。そのため、子供達と深く関わりたいという場合は資格を取得したほうが良いでしょう。

保育の魅力

笑顔の女性

保育士の資格は大学を卒業することで取得することができますが、大学以外にも短大や通信制という選択肢もあります。他の資格も一緒に取得できる大学もあるので、希望に合わせて選ぶと良いでしょう。

もっと知ろう

資格取得のメリット

勉強する人

就職や転職に役立つ資格として、衛生管理者があります。衛生管理者の有資格者は少なく、企業からのニーズは高いので仕事を見つけやすいのです。昇給をしたいという方にもぴったりの資格です。

もっと知ろう